健やかに

今の時代に必要な情報を中心にお届け

【パニック障害】死にたいって言われて何ができるか。

こんにちは、カプチです。

妻がパニック障害真っ只中です。

パートナーとしてわたしが出来ることについて考えています。

 

ikineba.hatenablog.com

 

パニック障害の妻・夫を支えたい」

「パートナーとしてなにが出来るか」

といったことを考えている方に読んでいただきたいです。

 

 

パニック障害とは

一応、軽く説明します。

パニック障害とは、精神疾患の一種で、前振りのない発作におそわれる疾患です。

その発作がいつくるか分からない、という恐怖でも発作が起こりやすくなります。

発作とは、本人曰く、「心臓を握りつぶされる様な感覚」だそうです。

発作で死ぬことは無いそうですが、本人は死を意識することもあります。

 残念ながら、パートナーでもこの痛みを完全に理解することはできません。

 

気分の波

健康な方でも気分の波はありますよね。

「今日は気分がいいからドライブでもいこっかなー」

「今日はやる気でないから会社休もー」

といった波は誰にでもあります。

 

パニック障害うつ病の患者にも気分の波はもちろんあります。

しかし、健康な人と違い、荒れ狂った波なのです。

水たまりと太平洋くらいの違いがあります。

 

良い波が来ているときは、発作のことなんか忘れて楽しく過ごせます。

休日のショッピングモールにもお出かけできます。

 

パニック障害患者に悪い波が来ると、以下のような状態になります。

  • 無気力になる
  • しんどくて体が動かない
  • 動けない自分をダメ人間だと決めつける
  • 発作の出る頻度が増える、強い発作がでる
  • 死にたい、自分を殺したいと思う
  • 自傷

具体的には、自分が仕事から帰ってきて、洗い物や洗濯物が朝となんら変わっていないことも多くなります。

わたしが家事を済ませると、自分はダメな嫁だと言って大泣きします。

台所へ行き包丁をとったり、家から飛び出し走ってくる車に向かっていったり。

 

気分の波は先を読むことができません。

ただ、波を受け入れるしかありません。

妻もわたしも。

 

パートナーとして気をつけてほしいこと

先日、「死にたい」と泣かれました。

「生きている意味が分からない」とのことです。

 

正直、困りました。とても。

その日も、次の日も仕事だったのでとてもしんどかったです。

 

でも、パートナーが出来ることって少ないんです。

話を聞く、薬を飲んでるかチェックする、発作が出たら背中をさする、といったことぐらいしかないんです。

 

なので、話を聞くことにしました。

彼女は辛かったそうです。

話の要点は次の通りです。

  • 働いている夫に家に帰っても仕事(料理、洗い物)をさせたのが申し訳ない
  • 家事をやりたいけどやれない
  • 自分が休憩中に家事を済ませないでほしい

 

わたしは、食べたらすぐに洗い物をしておきたいタイプの人間です。

平日なので睡眠時間を少しでも長くしたいというのもあります。

なので、サッサと片付けを始めます。

 

妻は、食べた後、薬を飲んで休憩しないと動けません。

動かないのではなく、動けないんです。

でも、片付けをしたい気持ちはあったようです。

 

わたしはどうすればよかったのか。

簡単なことです。

妻と話をすればよかったんです。
 

話をして、待つか待たないかを決めます。

しんどくて片付けできないのであれば、サッサと自分が動けばいい。

夫婦なんだから、できる方ができることをやる。

 

まとめ

パートナーとしてできることは限られています。

相手にとってどうするのがいいのかを考えて行動する、ということが大切。

具体的には、話を聞くというのが非常に大事。

 

どうしてもしんどい時

自分だって、しんどい時はあります。

そんな時は趣味に没頭してください。

趣味のない人は仏教でもかじって下さい。

 

ikineba.hatenablog.com

 

【人工甘味料不使用】 ”のどガム” をビビりながら食べてみた

こんにちは、カプチです。

今回はのどガムのレヴューです。

 

「安心して食べられるガムを知りたい」

人工甘味料フリーな生活をしたい」

「普通のガムに飽きた」

といった方にオススメです。

 

 

のどガムとは

のどガムとは、サンコーが製造、販売しているガムの一種です。

詳しくは下の記事を御覧ください。

 

ikineba.hatenablog.com

なんせ、のどガムとはのど飴ガムバージョンと思ってOKです。

 

サンコーのガムは3種類あります。

f:id:uhogori83:20170629213406j:plain

ミントアップル、そしてのどです。

のどだけ食べ物ではありませんね。

この時点ですこしビビっていたわけです。

 

のどガムを食べた感想

「買ったので食べなくては!」と思い食べてみました。

すると、どうでしょう。

怪しんでいた自分が恥ずかしくなりました。

 

一回噛んで、広がるカンキツの香り。

キツすぎることなく、ユルすぎることもない。

 

あぁ、おいしい。バッチグーです。

f:id:uhogori83:20170805134558j:plain

 

しかも、人工甘味料不使用

お子様にも安心。

もちろんアナタにも。

 

のどに良いのかどうかは不明です。

カリンエキス配合なので、多少効果はあるのかな?ないのかな?

でも、この味でのどに嬉しい効果もあれば、のど飴売れなくなりますよ、きっと。

そのくらい爽やかでおいしい。

 

あえて欠点を挙げるとするならば、味が続かないこと。

でも、これが普通の自然なガムです。

近頃のはすんごい時間味続くやつとかありますよね。

ああいうのに恐怖感を感じることができれば、サンコーのガムにたどり着くのかもしれませんね。

 

まとめ

 

オススメ

もう、スグ無くなるので箱買い(※)してもいいかな。

※ たくさん買っても単価は変わらない。マジかよ。

 

初めての方はコチラ↓↓↓

サンコー のどガム 10粒 ×2セット

 

たくさん買いたいならコチラ↓↓↓

サンコー のどガム 10粒 ×12セット

 

世間に広めたい方はコチラ↓↓↓

サンコー のどガム 10粒 ×60セット

 

【パニック障害】パートナーができることを考えた

こんにちは、カプチです。

セミの抜け殻が入手しやすい季節になりましたね。

 

そういえば、妻がパニック障害です。

詳細が気になる方は以下の過去記事をご参考下さい。

 

ikineba.hatenablog.com

 今日は、パニック障害持ちと結婚して感じたことを書きます。

 

「結婚しようと思っている彼女がパニック障害だ」

「家族がパニック障害になったけど、どう接すればいいか分からない」

パニック障害を理解したい」

といった方に読んで頂ければ幸いです。

 

 

パニック障害とは

そもそもパニック障害とは何か。

パニック障害(パニックしょうがい、英語: Panic disorder ; PD)とは、予期しないパニック発作(Panic attacks, PA)が繰り返し起こっており、1か月以上にわたりパニック発作について心配したり、行動を変えているという特徴を持つ不安障害に分類される精神障害である[1]

Wikipediaより)

 

要は、いきなりパニック発作がおこる精神疾患

パニック発作とは、心臓をギューっと握りつぶされるような感覚になることです。

それが、いきなり来ます。

 

いつ起こるかわからない発作の事が不安になり、その不安のせいで発作が出やすくなるという悪循環も発生します。

おそろしい病気です。

 

効果的な治療法も定まっておらず、薬で抑えるしかありません。

診断を受けてから5年目になりますが、妻はいまだに食事の度に大量の薬を飲んでいます。

 

そういう病気です。

外見ではわからないのもツライところです。

 

パニック発作の対処法

身近な人がパニック発作を起こしたとき、あなたは何をすべきでしょうか。

 

今のところ、わたしがベストだと思っている対処法をお教えします。

背中をさすることです。

 

非常に簡単なことですよね。

それだけで落ち着くそうです。

 

コツは、”平常心でゆっくり、大きく”です。

手のひらを背中にフィットさせて下さい。

特に心臓の裏あたりをさすって欲しいとのことです。

 

こちらが焦ってゴシゴシさすってしまうと、逆効果

発作がでて苦しんでいる人を焦らせてしまうことになるのでご注意を。

 

近くにいる人がやってはダメなこと

近くにいる人がやってはダメなことは、たくさんあります。

その中で、わたしが気づいた事をご紹介。

 

  • 意見のゴリ押し

正論を言えば良いわけではありません。

(これは、パニック障害持ちの方との会話に限ったことではないかな。)

 

パニック障害持ちの方との会話では、話を聞き、一緒に悩むことが大切

彼女たちは自らの意見への否定やアドバイスを求めていません。

求めているのは、共感です。

 

  • 怒る

怒りは何も生みません。

パニック障害持ちの方は、身近な人が怒ると自分を責めます。

「わたしがダメだから・・・」

「わたしがちゃんとしてたら・・・」

 

そういう状況では、本人にストレスがかかり、病気が悪化してしまいます。

あなたが仕事から帰ってきて、ご飯もできてない、洗濯もしてない、掃除なんかするわけない、といった状況でも決してキレてはいけません。

 やらなかったのではなく、やれなかったのです。

 

寛大な心を持ち、生きていきましょう。

人を支えるには、体力も大切ですが、精神力も大切です。

 

まとめ

  • パニック障害は発作との戦い

  • 発作が起こった時こそ、平常心
  • ただ話を聞くだけでよい
  • 体力よりも精神力

おすすめ

宗教の勧誘ではありませんが、考え方一つで楽にも苦にもなるのが人生。

 

ikineba.hatenablog.com