健やかに

今の時代に必要な情報を中心にお届け

【仏教】イライラしなくなるためには?

こんにちは、カプチです。

今日は仏教の考え方に基づいてイライラしなくなる考え方をお伝えしたいと思います。

 

 いたってシンプルです。

一言、いや、一文字です。

 

 

「くう」と読みます。

仏教では、「全ては空である」という考え方をします。

 

ここで、「空とはなんだ?」となりますよね。

これこそ、仏教のコアの部分であり、誤解が起きやすいところ。

 

すごく簡単にいうと、「全てはマヤカシ」ということです。

 

世の中にはたくさんの人が居て、物があります。

しかし、その中に絶対なものなどありません。

「我思う、故に我あり」でおなじみの、デカルトさんも否定されているのです。

考えている自分自身でさえも、「あるとは言えんなぁ」ということです。

 

この辺で意味不明になりそうな気もしますが、つづけます。

 

絶対なものとはなにか。

 

世の中は、諸行無常

常に変わりゆくのです。

その中でずっと変わらないものなど、ありません。

人の気持ちなんて、次の日には変わってるもんですよね。

 

つまり、絶対なものなどない。

ということです。

イライラしてる対象も、イライラしている自分も、イライラするという概念も、全ては絶対なものではないのです。

そんなもんには構わなくていいんです。

 

消化不良ですが、

今日はこの辺にしときます。

詳しくは、また今度にします。

 

結論:イライラは気にしないのが一番。寝て忘れよう。