健やかに

今の時代に必要な情報を中心にお届け

御仏に救われた男が写経のやり方を解説してみた

f:id:uhogori83:20170604210848j:plain

 こんにちは。

仏教の力を信じる者、カプチです。

今日は写経のやり方について解説してみます。

・・・ニッチですね。

 

「興味ないよ」

「そんなの年寄りのすることだろ」

「ワタシ、キリシタン、ダヨ」

 

という方も、一度騙されたと思ってやってみることをオススメします。

瞑想とか、マインドフルネスとかに興味ある人には特にオススメです。

 

 

目次

 

準備品リスト

小学校の頃に使っていた「お習字セット」があればOKです。

消えちゃった方は以下をご参考にどうぞ。

だいたい100均にあると思います。

  • 小筆
  • 墨汁&入れ物(わたしはビン) or スズリ&墨
  • 半紙(普通の半紙でOK)
  • お手本
  • 下敷き(黒い布のやつ)
  • ブンチン
  • 数珠 ※
  • 袈裟(けさ)または輪袈裟(お遍路さんが首にかけてるヤツ) ※

※は無くても問題無いです。

セットで買うならこんな感じ↓↓↓

 

やり方

準備

何事も形から入ることでヤル気が入りますよね。

写経も同じです。

 

形から入るために、まず部屋を片付けます。

f:id:uhogori83:20170604202634j:plain

「道具揃えたのに、写経せーへんのかいっ!」

 

ってなると思いますが、実はここがかなりキモです。

そもそも写経は仏教における宗教的な行為です。

御仏にご挨拶しようってときに、きったねぇ部屋でやるべきですか?

新しい彼氏・彼女の部屋に行ったときに、きったねえ部屋だと萎えるでしょ。

 

部屋を片付け、手口を水で清め、心を落ち着かせることが写経の準備です。

スズリに水を入れ静かに墨をこすっていきます。

注意:めっちゃチョットしか必要ないですよ!

(わたしは小さめの空き瓶に墨汁入れてます。準備・片付けが楽。こんな感じ↓)

f:id:uhogori83:20170604194853j:plain

 

 

本来なら風呂に入って全身を清めた方がよいとは思いますが、ハードルを上げすぎたくはないので、この辺で良いでしょう。

 

道具を机の上に並べます。

わたしは↓のように並べますが、ここはセンスによりますね。

あ、ブンチンは書くの忘れました。適当において下さい。

f:id:uhogori83:20170604210121j:plain

 

お手本の上に写経用紙を置いて写経するセットもあります。

わたしの場合はお手本に墨が移るのが嫌なので図の様に分けてます。

 

読経 その1

今から書き写すお手本を音読します。

 

f:id:uhogori83:20170604211521j:plain

「片付けたのに、写経せーへんのかいっ!」

 

ってなりますが、まだ書かないんです。

 

これは、改めて「わたしは今から写経させていただきます」的なご挨拶です。

(数珠があれば数珠を3度こすってから)心静かに音読しましょう。

 

写経

さて、いよいよ書きます。

準備の段階で形が作られ、ヤル気スイッチがONになっているはずです。

(万が一、まだOFFの場合は、次の日にでも最初からやりましょう。いちばん大事なのは気持ちなので。)

 

正座なり、アグラなりで座って、背すじを伸ばして筆の先っちょに墨を付けます。

注意:めっちゃチョットでいいですよ!

 

一文字、一文字を心を込めて書き写していきます。

この時は特に何も考えずに書き写していきます。

ただただ、丁寧に丁寧に書きます。

f:id:uhogori83:20170604202302j:plain

 

読経 その2

今度は自分が書き写した方を音読します。

最後に御仏に写経させていただいた感謝の気持ちを伝えましょう。

「ありがとうございました。」とかの素直な言葉を添えると素敵ですね。

 

片付け

あとは片付けるだけです。

あるべきものは、あるべきところへ。

写経をする前よりも部屋がきれいになります。

準備段階で片付けたせいもありますが。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

「やっぱり、めんどくさいな」

「一回くらいやってみようかな」

「こんなの正式なやり方じゃない!お前は邪道だ!」

 

色々、ご意見はあると思います。

でもまあ、わたしはこんな感じでスゴい心が軽くなります。

ストレス社会を生き抜くアナタにおすすめです。

 

おまけ

わたしが仏教、写経に目覚めたのは4年くらい前です。

その頃は、「イラっち」そのものでした。(イライラしまくる人です。)

 

当然、そんなやつの周りに居てくれる方も傷つけられるワケで・・・。

 

今は妻になってくれましたが、同時は彼女だった人にもよくイライラしてました。

その時は申し訳なかったなぁ。

 

そんな時、当時の彼女を大泣きさせてしまったんですね。

そこで、気づいたんです。

イライラするのは良くないな、と。

 

その後、ちょうど法事があり仏教に興味を持つようになりました。

ネットで調べたり、本を読んだり。

春休みに1人で遍路もしました。車ですけどね。

 

そうやって勉強してみると、改めて気づきました。

 

自分の小ささに。

 

それからは時間を見つけて写経をしていました。

このごろは忙しくてできてませんけど。

 

まあ、とにかく、写経はオススメでーす。

 

ちなみに、関係ないですが、よく聞く「極楽浄土」は西の彼方にあるらしいですよ。

もう、めっちゃ西です。

それでは。