健やかに

今の時代に必要な情報を中心にお届け

タッチタイピングできない人が無料サイトで2週間練習してみた。

この記事は、

タッチタイピングブラインドタッチ)ができるようになりたい」

タイピング練習オススメは?」

「タイピングなんか、わざわざ練習するヒマがない

といった方にオススメの記事です。

 

こんにちは、カプチです。

2週間前に「タッチタイピングブライドタッチ)ができるようになりたい」と思いたち、無料サイトでタイピング練習を開始。

2週間でそこそこの成果が得られました。

 

 

タッチタイピング練習のオススメサイト

練習として使用したのはコチラのサイト。(TypingClub)

このサイトの特徴としては、

  • 丁寧に教えてくれる
  • アニメでタイピング以外のこと(姿勢や休憩の大切さなど)も教えてくれる
  • タイピング練習の例文でアメリカについての知識が増える
  • 英語とスペイン語のみ対応

といったところです。

わりとハマって毎日1~2時間続けてみました。

 

詳しくは前回の記事をどうぞ。

 

ikineba.hatenablog.com

 

 

タッチタイピング練習前の実力

 練習前のわたしのタイピング能力はこんな感じです。

f:id:uhogori83:20170815110010j:plain

まあ、2540点らしいです。

(ちなみに、キーボー度というもので測りました。)

 

この時は、キーボード直視でタイピングしてました。

右手の薬指は不使用、小指はエンターキー専用、というレベルでした。

頑張って打ち込んでも、半角で打ってて打ち直しもよくあること。

 

もしかしてあなたもそんな感じですか?

もしそうだとしても、練習すればだいぶマシになりますよ!

練習は必要ですが。

 

タッチタイピングを2週間練習した成果

TypingClubというサイトで2週間練習してみました。

2週間の成果はこのとおり。

f:id:uhogori83:20170826114714j:plain

 

練習前の結果と比較するとこんなことがわかります。

  • 点数700点UP(2540pt → 3240pt)
  • 1秒間のタイプ数 3割向上
  • ミスタイプの確率(ミスタイプ数/総タイプ数)は不変(5%)

 

「そんなにレベルアップしてなくね?」

と思ったあなた、あったかい心でデータをよく考えてみましょう。

 

わたしがタッチタイピングの練習をして得られた成果は2つ。

 

1つ目の成果は、タイピング速度が上がったこと。

練習前後の結果を比べると、”1秒間のタイプ速度” が上がったのに、ミスタイプの確率が変わっていません。

正確性を保ちつつ、タイピング速度が上がったということです。

感動です。

なんせ、自己流では到達できなかった境地に2週間で到達したのですから。

 

2つ目の成果は、タッチタイピングできるようになったこと。

タッチタイピングの練習をしたので当たり前ですね。

画面を見ながらタイピングできるようになりました。

ミスればスグに修正できるので、非常にスムーズにタイピングできるようになりました。

キーボー度では測れないんですが、この成果は特に感動しています。

もう ”1文まるまる打ち直し” とはおさらばです。

 

TypingClubを使ってみて気になったこと、感想

無料でTypingClubのように膨大な量のタイピング練習ができるものは他に無いです。

しかし、唯一の欠点は日本語に対応していないこと。

アニメでの説明も、タイピングの例文も、全て英語です。

 

ということで、TypingClubに対しての感想は以下のとおりです。

  • タッチタイピング初心者がキーの位置を覚えるのに十分役立つ。
  • 英語が分からないとツライ
  • 英語がわかればハマる
  • 英語を打つ練習にはなるが、日本語のタイピング練習にはならない

 

日本語を打つ練習をしなくても、キーの位置や対応する指を覚えるだけで、日本語を打つのが早くなることがわかりました。

しかし、やはり日本語を打つ練習は別途必要なようです。

 

あと、TypingClubは600ステージくらいあるのですが、わたしは300ぐらいまでやりました。

このくらいになると、英語を打つのがかなり早くなります。

もし、アナタがTypingClubをやってみようと思うなら、1日1~2時間くらい2週間続けてみることをオススメします。

 

しかし、英語を打ちまくる機会はそんなに多くないので、そろそろ日本語のタイピングソフトを買って練習してみようと思っています。

ここからが本番です。