健やかに

今の時代に必要な情報を中心にお届け

【パニック障害】パートナーの支えだけではなんともなぁ。

f:id:uhogori83:20171031221850j:plain

こんにちは、カプチです。

妻が5年ほどパニック障害持ちです。

 

この記事は、

パニック障害とは?」

パートナーパニック障害なかなかよくならない

パートナーとして自分がやるべきことは何?」

というアナタにおすすめです。

 

 

パニック障害とは

f:id:uhogori83:20170624123556j:plain

パニック障害はまだまだマイナーな病気です。

簡単に説明します。

 

パニック障害は、うつ病PTSDといった病気に近い病気。

外見上は健康な人と変わらず見えても、中身は病気です。

 

何も知らない人がパニック障害患者を見ると、一日中ダラダラして過ごしているようにしか見えない。

ワガママ病とさえ呼ばれる始末。

 

パニック障害患者は神経系に異常があり、脳内の物質を上手くコントロールできていません。

常に興奮状態に置かれ、精神は擦り切れ、うつ病へと向かうこともよくあります。

 

さらに、パニック発作と呼ばれるナゾの発作がおこります。

これは、心臓をギューっと握りつぶされる感覚だそうです。

 

治療には長い年月を要し、病状によっては大量の薬を飲み続けなくてはなりません。

妻は夕食後に10錠程度飲んでいます。

説明を読まなくても、どれが何錠か分かるようにもなりました。

 

そのくらい長い治療になります。

アナタにその覚悟が無いのであれば、アナタはパートナーとしては不適です。

下の方に書きますが、気負う必要はありません。

ただ、知っておいて下さい。

 

 

パニック障害の特効薬

f:id:uhogori83:20171007115601j:plain

パニック障害の治療には薬が大いに役立ちます。

しかし、薬以外にも有効なものはあります。

 

その一つは、運動です。

できるだけゆっくりした有酸素運動がおすすめ。

具体的にはお散歩です。

タダでできますし。

 

ジョギングも有酸素運動ですが、疲れるのでおすすめしません。

過去の記事でヨガをオススメしてますが、ポーズに依るということがわかりました。

よく知りませんが、筋トレに近いポーズもあるようです。

リラックスヨガ?はおすすめです。

 

そうそう、筋トレはダメ。

無酸素運動はダメ。

いくら運動と言っても、逆効果です。

 

・・・といった、薬や運動の効果は書籍でも多く取り上げられています。

しかし、他にも特効薬はあります。

f:id:uhogori83:20170612223903j:plain

 

人それぞれ、好きなものがありますよね。

わたしはバナナジュースが好きで、妻は祭りが好きです。

妻の地元の祭りは結構ハードで、夜中にうろちょろしたり一日中酒を飲んだりするお祭りです。

ちなみに3日くらい続きます。

 

そんな祭りに「今年は行きたい」と言います。

 

わたしは気がかりなことが多々ありました。

生活リズム、アルコール、疲労、・・・。

全てパニック障害にはとされる要素・・・。

 

しかし、どうしても行きたいというので行かせてみました。

祭りでは小中学校の同級生と再会したり、年下のギャル(中学生)からベイマックス呼ばわりされて楽しんだそうです。

 

楽しそうに話す彼女を見て、わたしはこう思いました。

 

「このツケで2週間寝込むんだろうな」

 

普段は、洗濯、料理、掃除、ゴミ出しなどの家事を全部やってしまうと3~5日くらいは寝込むのが常。

 

しかし、今回は寝込むどころか、病状がスゴく改善されました。

薬が効きすぎて眠くなりすぎたり、まる1日寝込まなくなったり。

 

わたしの心配は何だったのでしょう。

パニック障害はホントに分からないものだ。

 

楽しむという事が良かったのかな?

普段は楽しめてないんでしょうね・・・ははっ。

 

アナタやアナタのパートナーが好きなものって何ですか?

ホントに好きなものなら、常識を取っ払ってやってみるのも良いかも。

 

 

パニック障害持ちのパートナーとしての役割

f:id:uhogori83:20171031224116j:plain

アナタのパートナ-がパニック障害持ちならば、アナタはパートナーとしての責任を感じていることでしょう。

わたしもそうです。

 

パニック障害の治療には、身近な人の支えが非常に大事。

分かってはいても、できないときもある。

そんな時に限って悪い波が来る。

 

そんなとき、パートナーに対して何もできない自分を責めてはいけない。

自分まで体調を崩してしまいます。

 

過去にも書きましたが、パートナーとしてできることは限られている。

無理はダメですよ。

 

なんせ、長い戦いです。

「俺があいつを支えるんだ」という熱すぎる思いは捨てましょう。

「ん~、まぁ~、あいつと生きていこうと思う」ぐらいのスタンスが大切です。

 

パートナーとしての役割は、「そばに居る」くらいでいんじゃないでしょうか。

 

 

まとめ

 

過去記事

大した事は書いてませんが、過去記事を貼っておきます。

あなたの役に立てば幸いです。

 

ikineba.hatenablog.com

ikineba.hatenablog.com

ikineba.hatenablog.com

ikineba.hatenablog.com

ikineba.hatenablog.com

 

以上です。